弊社誕生ストーリー

何と、このサーバーにスペインの銀行のログイン画面が設置されていてフィッシング詐欺として使われているという内容でした。幸い、そのメールには問題のページのリンクが記載されていたので、どのディレクトリーに不正なプログラムがあるのかが分かりました。その事をお客さんへ伝えて、ディレクトリー内の全てのファイルを削除しました。不正ファイルは階層の深いところに置かれて奇妙なファイル名になっていました。それらを消した直後はしばらく問題は収まるのですが、数時間するとまた問題が起きました。今度は別のフォルダーに同じ様なファイルが置かれて、同じ様にSPAMメールが大量に送信されたのです。お客さんには既にPlesk管理画面やFTPパスワードは変更してもらったので、それらでファイルへアクセスは出来ないはずでした。また、お客さんはSSHは使用しなかったので、外部からSSHへのアクセスはFirewallでブロックしていました。結局これが3日続いたのですが、原因がわからず、お客さん側のPHPプログラムのセキュリティーバグまたはPHP関連の何かというところまでは原因を絞り込みました。

そうこうしているうちに、しびれを切らせたお客さんは結局他社のサーバーを準備して引っ越しをしてしまいました。問題の発覚から4日後でした。私がお客さんの立場だったら2日位で引っ越しをしていたかもしれません。なので、良く辛抱強く3日も待ってくれたなあと今更ながら思います。

結局はっきりとした原因がわかったのはその後でした。引っ越しが終わった後でした。原因はCGI版のPHPのセキュリティーホールでした。
CGI版PHPにリモートからスクリプト実行を許す脆弱性 (CVE-2012-1823)でした。

これは非常に恐ろしいバグでした。外部からURLパラメーターを指定してPHPプログラムのコースコードを見ることが出来ます。また、特殊なパラメーターを渡すことで外部フィアルを読み込んで実行し、サーバーを自由に操る事が出来てしまいます。後からわかった事ですが、ファイルを削除しても直ぐに“蘇って”しまうのは、ハッカーがその様に仕込んでいたからでした。そして、全ての攻撃は自動化されていました。

フィッシングで取得したログイン情報は別のハッキングされたサーバーに送信されて、そこからまた別のハッキングされたであろうC&Cサーバーへ送信されます。ここから先は推測になりますが、C&Cサーバーではそのログイン情報を元にオンラインバンクにログインする仕組みになっていたのではと考えられます。ハッカーがサーバーに仕込んだファイルは暗号化されていて一見謎の文字列のように見えますが、解読するとPHPコードが徐々に現れてきます。コードは分かりづらく書かれていて、複数回暗号化されています。ですが、それらを復号するとハッカーの手口が徐々に見えて来ました。これらがわかったのが既に解約の後だったのです。しかも、もしはじめにわかったとしてもPHP-CGIのアップデートもしくはApacheモジュールへ変更するしか手段はなかったのです。今となってはかっきりとした理由が思い出しませんが、何らかの理由でPHP-CGIでないと駄目だったのでした。なので、この場合には当時あった状況では対策は難しかったです。

この様な経験から学んだ事があります。

  • Webセキュリティーは非常に脆いという事
  • 想定されるハッキングの対策は事前に行っておく事
  • ハッキングの対策は事前に行っておく事

どれもこれも誰もが当たり前と思う事かと思います。しかし、一般のスタートアップ起業や中小企業が日々の業務の中で行うのは非常に大変です。正直、私は、セキュリティーやテクノロジーに精通していない会社の場合どうやって対策するのか疑問に思いました。我々でもやられてしまったので、多分他の会社も困っているだろうと思いました。同じ様な境遇に遭う人を一人でも少なくしたいという願いサービスの根底にあります。また、このような経験を生かしてセキュリティーのサービスを提供できればと思いました。

この事件が起きたのが2012年の夏頃でした。そこから約2年半も構想は温めましたが、2015年2月にホスティング会社を退職してインターネットセキュリティー会社を起業しました。2012年に比べてインターネットセキュリティーの世界は複雑かつ巧妙になりました。

しかし、弊社は日々の努力を惜しまず、どんな難しい課題でも絶対に諦めない姿勢で挑みたいと考えています。常にテクノロジーにて攻撃者の先を行き、多くのお客様に選ばれ、信頼できるビジネスパートーを目指して日々邁進いたします!

皆様ご指導の程、どうぞよろしくおねがいします。

WordPressの悩みを私達が解決します!​

悩まずにプロに任せて作業が終わるまでの時間を有効に使って下さい。お申込みは下記ボタンを押してください。